育毛 辛い物

 

 

辛いものを食べ過ぎると薄毛になる。

 

という話はよく耳にするかと思いますが、これって本当の事なのでしょうか?この話は残念ながら本当の事なのです。


辛いものは育毛の大敵

辛いものを食べると体が熱くなり、汗をかきます。

 

この時、頭皮状態も同様の状態になっているのです。

 

これが頭皮が脂っぽくなったり、毛穴が詰まったりという状態を生み出すのです。

 

ですから辛いものの取りすぎは毛穴が詰まる元という事になります。

 

股から鋳物を摂取すると血流の流れも悪くなります。

 

血流が悪くなるという事は毛根に十分な栄養が送られなくなります。

 

毛穴が詰まって菌類が繁殖し、栄養供給がシャットダウンされるのですから、育毛の観点からすると辛いものの摂取は出来るだけ控えるべきでしょうね。

七味唐辛子と育毛

実は七味トウガラシと成分が育毛にいいと言われています。
ただトウガラシを食べるだけではなくイソフラボンと同時に摂取する事で、より育毛の効果が増すといわれています。

 

イソフラボンと言ったら、大豆に多く含まれている成分で、過去には大塚製薬がソイッシュという商品でオロナミンcのあたがまを狙っていたという成分でも有ります。
最近ソイッシュを見ないので、あまり売れなかったのでしょうね。

 

大豆料理の代表的なものに味噌があります。
簡単にこの成分の両方を取るには、みそ汁の中に七味唐辛子を入れるとmとても効率よく摂取することができます。

 

何故七味唐辛子がいいかというと、結構の促進が挙げられます。

 

辛いもの食べると、身体が芯から温めってくるのが分かると思います、この体があたたまるという事は、結構が促進されて居る証拠です。

 

その血行促進+栄養素が育毛に良いと言われるのですね。

 

 

しかし問題も有ります。

 

辛いものは食べ過ぎると痔になるのです。
ココらへんはバランスを取って行きたいですね。

程々ならば良いのです。

確かに栄養成分も有り体に良い食品ですが、摂り過ぎることでの弊害は無視出来ません。

 

なんでもソコソコの量で抑えておくということが重要なのです。

 

健康的ん食事は栄養バランスを取ることに繋がります。

 

バランスが取れることで、育毛に大切な亜鉛なども摂取できるので、とても重要なのですよ!

 

ウーマシャンプーの効果TOPへ戻ります


TOPページヘ! 成分について細かく検証してみた! 私の個人的な評価は? 頭皮が知らないうちに腐っている? お問い合わせ