薄毛 病気 AGA

薄毛の病気AGAとは

 

最近CMなどでも目にしますが薄毛が進行してしまう病気のことをAGAというのだそうです。

 

Androgenetic Alopeciaの略名で「男性型脱毛症」の事を言います。

 

専門の病院もあり、医療的に治療できるのは薄毛で悩んでいる方には心強いですね。

 

AGAの場合は病気ですので医学的に的確な処置を早期に行うことで改善する見込みが大きくなりますので、悩んでいるならAGA専門の外来へまず相談しにいくといいでしょう。

 

とはいえ、薄毛かもと悩んでいる方の3割くらいは薄毛ではないそうなので、病院で診断してもらって大丈夫だったら安心できますよ。

特徴

 

AGAは放っておいても治りません、むしろずんずん進行しますので何かしら対策を打たなければなりません。

 

特徴としては男性ホルモンが影響していると言うことで、男性の性への欲求なども関係してきます。

 

簡単に言うと、男の人のマスターベーションのし過ぎなどで、AGAはより進行してしまいます。

 

そんなアホなと覆うかもしれませんがコレは本当で、逆に去勢してしまった人に禿は居ないというデータも有るのです。

 

ですから性欲の強い人=男性ホルモンがたくさん出る人はAGAになりやすいんですよね。

 

もちろん皆が皆そうというわけでは有りませんが一般的にはそう言った傾向が強ですね。

対策

 

AGAの治療にはプロペシアというものとミノキシジルなどが用いられ、AGA初期の場合の方がより効果が高いとされています。

 

内服と注射、医療ヘッドスパなどを総合的に用いて改善を図ります。

 

病院で言うと「銀座クリニック」のようにAGA専門で見てくれるところも有りますし、地域の皮膚科でも見てくれます。

 

目的はプロペシア・フィナステリドのような薬の処方がメインになります。

 

この薬は取り扱いも重要ですし、服用する量にも気をつけたいのでちゃんとした病院で処方してもらうのが一番なのです。


TOPページヘ! 成分について細かく検証してみた! 私の個人的な評価は? 頭皮が知らないうちに腐っている? お問い合わせ