効果のあるシャンプーも使い方次第!正しいシャンプーの使い方

効果のあるシャンプーも使い方次第?!

毎日のシャンプーを侮るなかれ!

もし薄毛にならなければ、頭皮に良いシャンプーだとか、髪に良いシャンプーなんて考えもしなかったのではないでしょうか?
市販のシャンプーが良くないものだなんて思っている人は一般的には少ないはずです。
でも髪を洗うことって、毎日行うことですから、やっぱりその成分などを気にすることは大事なことですよね。
そしてもうひとつ気をつけておきたいことがあります。
それは「シャンプーのやりかた」です。
「シャンプーのやりかた」なんでそんな大差ない、と思ってしまうかもしれません。
でも毎日のシャンプーのやり方を適当にやっていたら、数年後には大きな差がつくかもしれないんですよ。
たかがシャンプーと侮るのはNG!
髪によい、地肌によい成分が入ったシャンプーを使っていても、きちんと正しく洗えてなかったらせっかくの効果も半減してしまうかもしれません。
次のところでは、育毛のために毎日のシャンプーをどのように行うべきなのか解説しましょう。

 

育毛のための正しいシャンプーとは?

育毛を考えた正しいシャンプーのやりかたを、ここでは解説します。
まずお風呂に入る前に準備を行います。
髪がかわいた状態で、軽く「ブラッシング」をしましょう。
髪をブラッシングするなんて抜けてしまうのでは!!と思う方もいるかもしれませんが、髪や地肌についたホコリや汚れを浮き上がらしてくれますので、ブラッシングは行うようにします。
また髪型によっては髪が絡まってしまっていることがありますので、それをあらかじめとかしておかないと水にぬらしてからでは髪が傷んでそれこそ抜けてしまいますよ。
そしてお風呂でまずはシャワーで「予備洗い」します。
すすぎと同じようにしっかりと行い、この段階でおおまかな皮脂や汚れを落としてしまいましょう。
シャンプーは適量手に取り、泡立ててから地肌を中心につけて優しく洗います。
一度目は軽く洗い流し、二度洗いをしましょう。
こうすることで二度目にしっかりと泡がたち、不要な汚れをすっきりと洗い流すことができます。

 

シャンプーの後のケアは?

育毛シャンプーを使って洗ったあとはみなさんはどうしていますか?
市販のリンスなどを使うかたもいるようですが、これはあまり必要ではない、という話です。
女性のように長い髪で手触りなどを良くする必要があれば、髪の先のほうだけに使ってもよいかもしれませんが、短髪の男性には必ずしも必要ではありません。
またお風呂上りについてですが、上がってゆったりくつろいで、ビールなんて人もいるかもしれませんが、できれば髪を押さえるように優しくタオルドライした後、早めにさっとドライヤーで乾かすようにするほうがよいでしょう。
なぜ早めにドライヤーで乾かすほうがよいか?
それは髪や地肌がぬれた状態で長時間放置すると、髪そのものも外部刺激に弱くなりますし、地肌には雑菌が繁殖しかねないからです。
ドライヤーで根元のほうに指を入れて地肌から乾かすようにして、できるだけ早く水分を取り除いてしまいましょう。
育毛シャンプーもやり方次第でさらに効果がアップしますよ!


TOPページヘ! 成分について細かく検証してみた! 私の個人的な評価は? 頭皮が知らないうちに腐っている? お問い合わせ